アイデア

優れたアイデア②: 利己的な遺伝子 (リチャード・ドーキンス)

投稿日:

利己的な遺伝子は、優れたアイデアです。使っていると分かります。

利己的な遺伝子

利己的な遺伝子というアイデアが主張しているものは、下記の2点だけです。

  1. 世界は誰かが設計したものではなく、自然淘汰が繰り返されて、たまたまこうあるだけのものである
  2. 自然淘汰の最小単位を、遺伝子と考えることができる

自然淘汰が働く単位を個体と考えると、自己犠牲的な行動を取る個体の説明が付かなくなります。それならばと、自己犠牲的な行動を取らない最小単位を考えていた結果、それが遺伝子だったというお話です。

ある確率 (N%) で自己犠牲的な行動を個体に強いる遺伝子 (遺伝子Sとしましょう) を持つ個体 (達) からなる集団を考えます。この集団で、ある個体は (自己犠牲的に) 死に、ある個体は (他の個体の自己犠牲に助けられて) 生き延びます。しかし、どの個体が生きようが死のうが、ある程度の時間枠で見ると、遺伝子Sは安定してその集団 (の個体内) に存在し続けるわけです。

個体の中に潜む遺伝子は1つではないため、遺伝子同士の相互作用がありますし、外部環境も刻一刻と変わります。それでもそんな中で、遺伝子を最小単位とした自然淘汰が繰り返され、N%の確率で自己犠牲を強いる遺伝子Sが意思もなく (集団内に) 生存し続けるわけです。

逆にこの、意思のない遺伝子 (達) による自然淘汰/生存競争から脱落した遺伝子は、世界から消え去ることになります。消え去る以上、その意味を問うことすらできません。リチャード・ドーキンスのオリジナルのアイデアからは外れますが、利己的な遺伝子の主張として、下記の洞察も追加して良いと考えます。

3. 意味を持つ大前提として、生存する必要がある (= 生存が大事)

リチャード・ドーキンス

Wikipediaによるとリチャード・ドーキンスは「比喩の名手」らしいのですが、どうにも私には冗長な書き手にしか思えません。利己的な遺伝子というアイデア自体も発案者は他にいて、これを広めたのがリチャード・ドーキンスというお話です。

またリチャード・ドーキンスは、宗教を叩いたりもしているようです。暇なんでしょう。

まとめ

本記事で、「生存が大事」と書きました。私達が個体のレベルで取りうる最良の生存戦略は、「ありったけのオプションを確保」することです。

利己的な遺伝子は優れたアイデアです。つまり、このアイデアを知り、実行した瞬間に得をします。そして、これが広まれば広まるほど、世界が良くなります。



-アイデア
-,

執筆者:


  1. […] をかき集めることです。この意味で、莫大なユーザー数を誇るTwitterが強いわけです (そしてリツイートはツイートの自然淘汰を図る機能なわけで、個人的にも面白い機能だと思います)。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



関連記事

no image

優れたアイデア④: 片づけの魔法 (近藤麻理恵)

片づけの魔法は、優れたアイデアです。使っていると分かります。 片づけの魔法 「片づけの魔法」という言葉だけ聞くと少しふざけているように聞こえますが、大真面目です。要は、シンプリズムです。 「片づけの魔 …

no image

優れたアイデア③: ハリネズミの概念 (ジム・コリンズ)

ハリネズミの概念は、優れたアイデアです。使っていると分かります。 ハリネズミの概念 ハリネズミの概念は、①ハリネズミのように (= 丸まるだけ) シンプルな戦略を持て、②シンプルな戦略は下記の3つを満 …

no image

優れたアイデア⑤: 思考の幅 (津田久資)

思考の幅は、優れたアイデアです。使っていると分かります。 思考の幅 思考の幅というアイデアは、『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか』という本で触れられているものです。 この本では、データ/検索が充実した …

no image

優れたアイデア①: 反脆弱性 (ナシーム・ニコラス・タレブ)

反脆弱性は、優れたアイデアです。使っていると分かります。 反脆弱性 反脆弱性とは、衝撃を受けて (壊れるのではなく) より強くなる特性のことです。 これは「トラブルが起きたときに破綻するのではなく、む …

プロフィール

タクマ
−−−−−−−−

東南アジアでシステムインテグレーターとして6年ほど駐在していたり、本を1000冊以上読んだり、趣味でWEBサービスを作ったりしています。

Twitterまとめのまとめ
YouTube Find!
SNS Trends

−−−−−−−−